新型コロナウイルス対策について

お昼休みの電話対応について(13:00~14:30は留守番電話対応になります)

ホワイトニングの効果を長持ちさせるための方法とは?

投稿日:2024年6月12日

カテゴリ:スタッフブログ

ホワイトニングの効果を長持ちさせるための方法について

ホワイトニングの効果を長持ちさせるための方法

鹿児島の歯医者「ながやまデンタルクリニック」の歯科衛生士です。

ホワイトニング治療は歯を削ることなく、薬剤によって歯を白くしていきます。ホワイトニングで白くした歯については時間の経過とともに少しずつ後戻りするため、白さを保つためには定期的にホワイトニングを受ける必要があります。

歯の色の後戻りについては個人差がありますが、日々の食事や習慣を注意することによってホワイトニングの効果を長持ちさせることができます。

そこで今回のブログでは、ホワイトニングの効果を長持ちさせるための方法についてお話ししたいと思います。ホワイトニングの効果を長持ちさせるための方法については下記のようなことが挙げられます。

①こまめに歯を磨く

歯は日々の食事や喫煙などによって着色したり、黄ばんだりします。そのため、食後や喫煙後にこまめに歯を磨くことによってホワイトニング後の色の後戻りを抑えることができます。お仕事などで頻繁に歯磨きができない場合はうがいだけでも着色を抑えられるため、意識的にうがいをしましょう。

②色の濃い飲食物を極力控える

色の濃い飲食物をよく口にする方はホワイトニング後の後戻りも早くなります。特にホワイトニング直後はペリクルという保護膜が一時的に剥がれているため、カレーやコーヒー、ワイン、お茶などの色素の濃い飲食物は控えましょう。色素の濃い飲食物を口にした際は歯磨きを行うことで色の後戻りを抑制できます。

③煙草を控える

煙草を吸われる方はヤニが付着することによって歯が黄ばみます。ホワイトニングの効果を長持ちさせるためにはできるだけ喫煙を控えましょう。

また、煙草には有害な物質が多く含まれており、歯茎への血流が低下することによって歯周病リスクが高くなるため、口腔内の健康維持のためにも禁煙をおすすめします。

④ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使う

近年ではホワイトニング効果のある歯磨き粉が市販されています。ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用することによって歯の着色を落としたり、着色を抑えたりできるため、歯の白さを長持ちさせることができます。

⑤歯科医院にて定期的にクリーニングを受ける

口腔内には歯磨きでは落とせない汚れがあるため、歯磨きなどのセルフケアだけではホワイトニングの効果が薄れていきます。ホワイトニングの効果を長持ちさせるためには、歯科医院で定期的にクリーニングを受けることが大切です。歯科医院でクリーニングを受けることによって、歯面がツルツルになるため、汚れの再付着を抑えられます。

ホワイトニングページ>>

鹿児島で歯のホワイトニングならながやまデンタルクリニックまでお気軽にご相談ください。