抜かない・削らない治療

可能な限り、抜かない、削らない方法「低侵襲治療」

保存治療

ながやまデンタルクリニックでは、天然歯を守る「保存治療」を重視し、歯を傷つけない低侵襲治療(ミニマルインターベンション)を実施しています。私たちの歯は、一度削ってしまうと元の状態には戻ることはありません。詰め物、被せ物などで見た目の問題は改善できますが、やはり天然歯に全くかないませんので、いかに天然歯を失わないかが健康な口腔を維持することのカギとなります。

ながやまデンタル式 極力、歯を削らない4つの治療法

削らない治療

ながやまデンタルクリニックでは、天然歯を守る「保存治療」を重視し、歯を傷つけない低侵襲治療(ミニマルインターベンション)を実施しています。私たちの歯は、一度削ってしまうと元の状態には戻ることはありません。詰め物、被せ物などで見た目の問題は改善できますが、やはり天然歯に全くかないませんので、いかに天然歯を失わないかが健康な口腔を維持することのカギとなります。

  • ①拡大鏡を使った治療

    拡大鏡拡大鏡を使用することで、肉眼の数倍にまで視野が拡大されますので、患部をしっかり把握できます。そのため虫歯を削る際に余計な部分を削らず、虫歯組織のみを除去することができます。

  • ②ダイアグノデント(虫歯発見器)使用

    ダイアグノデント(虫歯発見器)歯面表面の虫歯はすぐに分かりますが、歯の内部の虫歯は歯面の色にあまり変化がありませんので発見は困難です。しかしダイアグノデントを使用すれば、目に見えない歯質内部の虫歯を発見できます。

  • ③う蝕検知液

    う蝕検知液う蝕検知液(虫歯検知液)は、虫歯の組織だけを赤く染めてくれます。肉眼だけに頼らず、う蝕検知液やダイアグノデントを使用することで、虫歯組織の早期発見・早期治療につなげ、見落としや削り過ぎを防止しています。

  • ④予防歯科の推進

    予防歯科虫歯でなければ、そもそも削る必要はありません。どうして虫歯が発生するのか、その原因を患者様から探り、指導していきます。定期的な歯科検診、歯のメンテナンスなどを行い、事前に虫歯を予防することが保存治療の理想形です。

ながやまデンタル式 極力、歯を抜かない4つの治療法

抜かない歯科治療

ながやまデンタルクリニックでは、可能な限り歯を抜かない治療を実施しています。歯根が折れていたり、虫歯の進行が進んでいたりするケースにおいての抜歯の回避は困難ですが、できるだけ抜歯を回避するためにできることはたくさんあります。可能な限り歯を抜かないために、当医院が重視している4つの方法を以下でご紹介いたします。

  • ①精密・根管治療

    精密・根管治療根管治療は、根っこ部分が折れた、膿が溜まった場合などの重度の虫歯などで歯根が細菌感染を起こした時に行います。この根管治療の精度で抜歯か抜歯でないかが決まると言っても過言ではありません。当医院では拡大鏡を使用し、精密・根管治療を行います。

  • ②ラバーダムでの感染防止

    ラバーダムラバーダムは、歯の周辺組織を隔離する隔離シートのことをいいます。根管治療は無菌化で施術を行うことが大切であり、0.01ml程度の唾液が根管に入っただけでも失敗します。そのため、当医院で根管治療を行う際はラバーダムを使用し精密に行います。

  • ③予防歯科の推奨

    予防歯科虫歯や歯周病にかからなければ、抜歯の問題も出てきません。欧米では歯の予防意識がとても高いことから、80歳で20本程度の歯を維持している方も多いです。当医院では健康な歯を維持するために、歯科医院での定期健診を推奨しています。

  • ④根本治療

    根本治療痛みのある部分だけを治す対処療法ではなく、どうして痛みが出たのか、その原因を探る根本治療を推奨しています。例としては、かみ合せや歯並びが悪く、虫歯ができやすい方には、虫歯治療はもちろん、咬合、矯正治療をオススメし、根本から原因を改善します。

鹿児島で、極力、歯を「抜かない、削らない」歯科をお探しの方へ

抜かない・削らない歯医者

このようにながやまデンタルクリニックでは、できるだけ歯を抜かない、削らない治療(低侵襲治療)を行っています。可能な限り歯を「抜かない、削らない」歯医者を鹿児島でお探しの方は、ぜひ当医院までご連絡ください。削らない、抜かない治療はすべてのケースに適用できませんが、必ず満足してもらえると思っています。