痛くない親知らず抜歯

親知らずは、必ずしも抜く必要があるわけではありません

親知らず抜歯

親知らずは、不要な歯といわれています。そのため、すぐに抜くのが良いと思っていらっしゃる方も多いと思います。しかし最近は、条件が整えば、できるだけ残しておく方が良いとされる考えもあります。親知らずを抜こうと考えているあなた、ちょっと待ってください。以下で、親知らずに対しての当医院の方針を紹介します。

親知らずはリサイクル可能です(親知らず移植、再生療法)

親知らずの移植

親知らずが正常な生え方をしている時は、基本的に抜歯は行いません。将来、虫歯や歯周病などで歯を抜いてしまうことがあった時に、その部分に親知らずを移植できる可能性があるです。インプラントやブリッジに次ぐ、第3の選択肢となり得るのです。もちろん親知らずの状態、欠損部位によっては移植できない場合もありますが、このようなことから正常な親知らずをむやみに抜くことはオススメしておりません。

それでも親知らずを抜く必要がある場合

親知らず抜歯

たとえ他の場所に移植できる可能性があっても、以下のケースの場合、親知らずをそのままにしていると虫歯や歯周病のリスクが高まったり、歯並びが悪くなったりする原因となりますので、下記に当てはまる場合は抜歯をオススメしています。

  • 歯茎から親知らずが一部しか露出していなく、炎症や痛みがある時
  • 歯茎から出ているが、歯磨きが上手くできない生え方をしている時
  • 親知らずが隣の歯を押しており、歯並びに影響が出そうな時
  • 生え方が悪く、かみ合わせの問題がある時

親知らずの抜歯は痛いのか?いいえ、痛みは感じません

親知らずと痛み

親知らずの抜歯はとても痛いイメージをお持ちの方が多いですが、実際はどうでしょう?実際の親知らずの抜歯では麻酔を使いますので、親知らずを抜く時に痛みを感じることはありません。しかも、表面麻酔等を行いますので、麻酔注射自体の痛みもほとんど感じることはないでしょう。

ただし、抜歯の後、麻酔が切れた時に痛みが出ることがあります。その抜歯後の痛みを軽減するために、当医院が実施している2つの対策を紹介します。

抜歯時間を短くする

親知らず抜歯後の痛みと抜歯に要する時間には関係があり、抜歯の時間が短いと痛みの回復も早く、抜歯にかける時間が長いと痛みや腫れも大きくなります。

当医院では親知らずの抜歯経験が多いドクターが行い、術前の抜歯シミュレーションなどを行うことで、スムーズな抜歯を行い、患者様の痛みを最小限にするよう取り組んでいます。

ドライソケットの回避

親知らず親知らずを抜いた部分は穴が開きますが、その部分に血が溜まってカサブタのようになることで外部の接触から保護してくれます。

しかし中には、血が溜まらないで患部が露出する場合もあります。これがドライソケットであり、そのまま放置すると雑菌や食べかすが穴に入って、炎症を生じることがあります。

そうなるとさらに痛みが強くなりますので、当医院では血液凝固剤などでドライソケットを防止しています。

親知らずを抜くと小顔になれるのか?

親知らずと小顔

親知らずはお顔のエラ付近にあることから、抜歯によって顔が少し小さくなると思っている人もいるかもしれません。しかし、残念ながらそんなに大きな成果を上げることは期待できないでしょう。むしろ、上記で述べたように親知らずはできるだけ残しておくべきであるという意見が多くなっておりますので、小顔を目指すのであれば歯科ではなく美容整形に頼る他ないと思います。

鹿児島で親知らずの抜歯をご希望の方は、ぜひご相談ください

鹿児島で痛くない親知らずの抜歯

親知らずを抜歯するかどうかは、生え方や親知らずの形状によって異なります。各自のお口の状態によって診断内容は変わりますので、まずは一度診察にお越しいただくことをオススメしています。鹿児島で痛くない親知らずの抜歯・診断をご検討の方は、ぜひ、ながやまデンタルクリニックまでご連絡ください。