かみ合せ治療

かみ合せは、歯科治療において最も大切なことです

かみ合せ

私たちのお口は呼吸、会話、飲食など、様々な働きによって複雑に動きます。それらすべての動きの基礎になっているのが、かみ合せです。かみ合せは歯と歯の接触だけでなく、顎の関節の動きが密接に関わってきますので、歯だけでなく、顎全体を診る必要があります。

顎の骨の上に歯が存在していますので、歯科治療では顎の動きの最適化を目指しています。歯科治療におけるかみ合せ治療は、その中でも最も重要な要素であると言っても過言ではありません。

かみ合せの専門ドクターが治療を行います

医院の院長は日本顎咬合学会の認定医の資格を有しており、かみ合せの専門医としてこれまで多くの患者様の咬合調整、診察を行なってまいりました。かみ合せは歯科治療の根幹でありながら、歯科治療の中でも最も理解が難しい領域の1つとして挙げられる分野ですので、経験豊富な熟練のかみ合せ認定医に、ぜひお任せください。

sample

このような症状はございませんか? ~かみ合せ不整と顎関節症~

  • パキパキと音が顎で鳴る
  • 口を大きく開くと顎関節に痛みを生じる
  • 歯ぎしり、食いしばりが気になる
  • 口を大きく開けることができない
  • 歯が割れることがある
  • すり減った歯がある

詰め物が割れたり、入れ歯が合わないのはかみ合せの問題?

悪いかみ合わせ

顎関節に不整がある場合、顔の歪み、顎の音、詰め物の割れ、入れ歯が合わなくなるなどの他、不定愁訴(腰痛、肩凝り、頭痛といった病気ではありませんが、不快な自覚症状を覚える状態のこと)を生ずることがあります。

地盤が悪く傾いた土地に上質な住宅を建築しても・・・

歪んだ顎建築を例にご説明します。

入れ歯や詰め物を住宅、そして土地を顎の骨に例えますと、地盤が悪く歪んだ土地の上に高級な住宅を建築しても、少しの揺れで壁や床などにヒビが入り倒壊することがあります。

歯もこれと同じで、歪みがあったりして、咬合力が一点に分散せず一部分に大きな圧力が加わったりすると、歯や歯ぐきに多大な負担がかかります。

そのため、まず顎の動きの最適化(土地整備)を行い、補綴治療(建築)を行うことが重要です。

かみ合せと不定愁訴(腰痛、肩凝りなど)の関係

かみ合せと肩こり最近の研究では、かみ合せと不定愁訴(腰痛、肩凝り、頭痛などの未病症状)に大きな関係があることが判明しております。

不正咬合は不定愁訴の原因の1つということは、逆に、咬合治療で不定愁訴の改善も期待できます。

すべてがすべて改善できるわけではありませんが、歯の高さやバランスを整え、食事をしやすくする歯科治療の延長線上に、この全身の不定愁訴改善があると見ておいてもオーバーではありません。

かみ合せの治療法

かみ合せの治療法

最終的なかみ合せ治療は、矯正治療や被せ物治療になることがほとんどですが、まずは、患者様には最適なかみ合せができるように作られた、スプリントというマウスピースを着けて生活してもらいます。毎日の生活の中で適切な顎の位置を決め、その位置を元に被せ物の作製や矯正治療を実施します。治療過程(だいたいの治療の流れですが、症状によって多少変動することもあります)は次の通りです。

※精密診断、かみ合せ治療は痛みは伴いませんので、ご安心ください。

  • ①精密診断

    咬合精密診断最初に虫歯や歯周病の検査を行い、かみ合せや顎関節の状態を調べます。その際、咬合力測定器や顎運動測定器などを使用し精密に検査を行います。また、口の写真を始め、お顔や、姿勢の写真も撮影します(頚椎とかみ合せ関係を確認するため)。

  • ②スプリント作製と装着

    スプリント精密診断のデータを元にしてスプリントを作製し、それを装着して生活していただきます。この時違和感など支障があれば、スプリントの調整や再度装着を行います。これらの行為を繰り返すことで、かみ合せの最適化を行います。

  • ③補綴

    補綴or矯正治療違和感のない最適なスプリントを作製できれば、今度はスプリントなしでもそのかみ合せが実現できるよう、詰め物や被せ物の治療、調整を行い、最適なかみ合せをお口の中に作っていきます。咬合力に伴い、詰め物等の素材も最適なものをご提案します。

かみ合せ専門家による精密診断

かみ合わせ専門医

医院の院長は日本顎咬合学会の認定医資格を有し、補綴(ほてつ:見た目、かみ合せ、被せ物、詰め物、入れ歯などの人工の歯による治療法)の専門家です。一般歯科医よりもかみ合せ治療の経験や技術が多く、また最新機器を利用したミリ単位の精密診断も実施しています。

  • 咬合力測定器

    咬合力測定器別名、咀嚼能力検査システムといい、噛む力の度合いを正確に測定できます。感覚に頼らない精密なかみ合せ調整には必須です。主に、治療前、治療後の咬合力の変化の測定に使用します。

  • 顎運動測定器

    顎運動測定器顎の動きを3次元で数値化できる機械です。顎の動きを歯科医師の勘に頼って診るのではなく、ちゃんと数値化して診ることが出来ます。精密咬合診断には欠かせません。

  • セファロレントゲン

    セファロレントゲン一般的なレントゲン撮影ではできない、セファログラム(頭部X線規格写真)で撮影できます。顎以外にも顔面、頭部を撮影して、総合的な分析・診断を行うことができます。

  • 咬合器

    咬合器模型を使って患者様の歯並びの再現を行い、その状態を3次元的に動かすことによって、顎の動作を視覚的に判断します。前後左右における歯並び、頭蓋骨のズレが原因で起こる上顎の歯並びのズレが分かります。

精密検査がかみ合せ治療成功のポイント

私たちの顎は、ミクロ単位まで認識できますので、あいまいな感覚だけに頼る治療ではなく、いかに正確に治療ができるかが重要です。ゆえに、精密なかみ合せ治療には、精密なかみ合せ診断がすべてといっても過言ではありません。

咬合診断

鹿児島でかみ合せ治療・かみ合せ診断をご希望の方へ

鹿児島でかみ合せ治療

このように、ながやまデンタルクリニックでは、鹿児島でも数少ないかみ合せ認定医による、かみ合せ精密診断、かみ合せ治療が受診できます。そのため紫原だけでなく鹿児島全域から、インターネット経由や口コミ等でたくさんの患者様がみえています。かみ合わせ治療はとてもデリケートな分野ですので、すべて完治させられるとは言えませんが、可能なかぎり最適な方法を提案いたしますのでぜひ一度ご相談ください。