拡大鏡精密治療

肉眼の数倍の視野下で行う精密治療に対応!

精密治療

ながやまデンタルクリニックでは、治療時には必ず拡大鏡を使用して精密に治療を行っております。精密に治療を行うことで、適合を良くすることができ、結果、補綴物を長持ちさせることができたり、歯を削る面積を小さくしたり、痛みを抑えた処置が可能になったりと、多くのメリットを得ることができます。

鹿児島で長持ち・精密治療をお考えの方はぜひ、ながやまデンタルクリニックまでご相談ください。

拡大鏡(テレスコープ)ってなに?

歯科拡大鏡歯科拡大鏡は、歯科用ルーペとも呼ばれ、装着することで視野を5倍前後に拡大させることができる器具です。

歯科治療は暗い視野の中で大変小さな組織を相手に行う処置がほとんどですから、肉眼だけに頼った治療だけでは治療精度に限界がありますし、そもそも肉眼ではほぼ見えない組織もあるのです。

そこで当医院ではこの拡大鏡を常時使用することで、治療精度を向上させる拡大視野下での精密治療を提供しております。

拡大視野下での治療の有効性について動画で解説

拡大鏡を使用した時の、肉眼の視野との比較

拡大鏡の視野

上記画像は肉眼の視野と拡大鏡を使用した時の視野を擬似的に再現し、比較した画像です。いかがでしょうか?全然違ったものに見えますね。歯科において見える、見えないは治療精度に天と地の差をもたらします。どんな名医でも、そもそも見えないものは発見できませんし、治療すらできません。私は世に名の知れた名医ではありませんし、こういった小さなことに徹底的にこだわり、精度の高い治療を皆さまに提供していきたいと考えております。

精密治療と低侵襲治療、長持ち治療の関係

精密治療拡大鏡精密治療を実施することで、虫歯除去の際などは、健康な歯質をできるだけ削らずに残すことができたり、詰め物等の接着を精密に行うことができます。

歯を削る面積を少なくできるということは、将来に歯を残すことに繋がります(歯科保存治療)。

また、詰め物等の適合を良くできるということは、二次虫歯の発生を抑えたり、脱離を防ぐ、長持ち治療にも繋がります。

拡大鏡精密治療のメリットまとめ

  • 天然歯をできるだけ削らない、保存治療を行うことができる
  • 処置面積を少なくすることで術中、術後の炎症を抑えることができ、無痛治療に繋がる
  • 詰め物、被せ物の適合を精密に行うことができ、長持ちさせられる
  • 肉眼で見えづらい組織の早期発見に役立つ

すべての歯科医院で拡大鏡が使用されているわけではない

歯科拡大鏡

このように、歯科治療において、拡大鏡がいかに大切かはご理解いただけたと思いますが、どの歯科医院でも拡大鏡が使用されているのではありません。拡大鏡を使用しない歯科医院も多いと聞いています。歯科医院にはそれぞれの理念や治療方針がありますし、拡大鏡を持っていても、治療技術が低ければ宝の持ち腐れとなりますので、一概に拡大鏡を使用しているからといって精密治療が出来ているとは限りませんが、精密治療を目指す上で拡大鏡は外せない器具であることは間違いありません。

鹿児島で拡大鏡精密治療ならながやまデンタルで決まり!

鹿児島で精密歯科治療

鹿児島で歯医者さんをお探しの方で、「どうせ治療するなら、精密にやってほしい」という方は、ぜひ当医院までご相談ください。拡大鏡使用の精密治療による、できるかぎりの長持ち・無痛・保存治療を提供致します。

※拡大鏡精密治療におけるセカンドオピニオンを実施しています。他の歯医者さんで抜歯を宣告された方、歯の大部分を削ると言われた方はぜひお気軽にご相談ください