無痛治療

歯医者を敬遠している皆様へ、痛みを抑えた治療を実践

無痛治療

歯科医院を敬遠している方は多いと思いますが、その理由は痛みからではないでしょうか?ながやまデンタルクリニックでは、歯科治療を敬遠している方にも安心して通院していただけるよう、痛みを抑えた「無痛治療」を実施しています。痛みを完全に感じなくすることはできませんが、できるだけ痛みを少なくすることはできます。どうして痛みを感じないのか、その理由を説明いたします。

ながやまデンタル式「4つの無痛治療」

無痛治療

ながやまデンタルクリニックでは、歯科治療に伴う痛みを最小限にするために、次の4つの方法を行っています。

  • ①注射の痛みを軽減する表面麻酔

    ①表面麻酔の使用虫歯治療では麻酔を使用する場合、痛みはあまり感じません。しかし麻酔注射の針をさした時に、強い痛みを感じる人も少なくありません。そのため当医院では麻酔注射の前に、表面に塗るタイプの麻酔を塗り、歯ぐきをマヒさせて注射時の痛みを軽減しています。

  • ②最も細い注射針(33G)を使用

    ②最も細い注射針(33G)を使用麻酔注射の針は、細ければ細いほど痛みが軽減されます。鍼灸治療で痛みをそう感じないのは、細い針を使っているからです。当医院では市販の注射針の中でも最も細い、「33G」の針を使用していますので、表面麻酔をした後の痛みをさらに軽減できます。

  • ③電動麻酔器の使用

    ③電動麻酔器の使用麻酔液の注射を行う時にもポイントがあります。麻酔液注入時の痛みの原因となる、余分な圧をかけないよう、電動麻酔機を使ってゆっくり一定のスピードで注入します。

  • ④温めた麻酔液の使用

    ④温めた麻酔液の使用冷蔵保存された麻酔液は冷えていますが、これを人肌程度に温めて使用します。麻酔液を体温と同じ程度に温めることで、麻酔液注入時の痛みを抑えることが出来ます。

無痛治療のリーサル・ウェポン 笑気ガス麻酔

笑気ガス歯科麻酔痛み以外にも歯医者さんに来られない原因で多いのが「怖い」ということです。トラウマに似た感情はなかなか克服できることではありませんが、歯医者さんに行かずに放置しておくとより悲惨なことになるケースも多いため、なんとか歯医者さんを受診いただきたいです。

そこで当医院では、痛みを抑える無痛治療に加え、怖いという感情を抑制する方法をご準備しております。それは笑気ガス麻酔です。

笑気ガス麻酔は、酸素吸入と同じ要領で笑気ガスを吸っていただきます。吸ってすぐにお酒に酔ったようにフワフワして気持ちよくなってきますので、その状態で歯科治療を受けていただきます。歯科恐怖症の方に笑気ガス麻酔下の治療は大変オススメです。

鹿児島で痛くない歯医者をお探しの方は、ぜひご相談ください

鹿児島の痛くない歯医者

このように、当医院では痛みを抑える方法を多数行い、ほとんど痛みを感じない無痛治療を実践しております。「歯医者が怖い」、「痛みに敏感」という方にも「こんなに痛くないならもっと早く来ればよかった!」とおっしゃっていただくこともしばしば。痛くない歯医者さんを鹿児島でお探しの方は、ぜひながやまデンタルクリニックへご相談ください。きっと満足していただけるはずです。