唾液検査と糖尿病検査の勉強会を行いました。

投稿日:2017年2月3日

カテゴリ:スタッフブログ 未分類

(株)アークレイの方をお招きして唾液検査と血液検査の勉強会を行いました。唾液検査は10秒間すすいだ水を測定するという方法です。測定時間は5分間で、虫歯菌・唾液の酸性度・緩衝能・白血球・タンパク質・アンモニアが測定できます。これで、歯の健康度、歯ぐきの健康度、口腔清潔度を総合的に診ることができ、虫歯、歯周病、口臭などのリスク判定を行うことが可能です。もう一つの機械は血液検査の機械で,HbA1c、CRP、hsCRP、CysCを高精度測定する分析装置です。こちらの測定時間は7分30秒で検査自体もものすごく簡便なものでした。結果の方は・・・・。歯周病の原因菌が血管の中に入って全身の状態に大きな影響を及ぼすことがいろいろなメディアで伝えられています。そういう中でこのような検査を行うことで歯の病気(虫歯・歯周病など)の臨床検査、リスク判定を行うことで、糖尿病などの全身状態の未病状態(予備軍)の早期発見することができ、患者さんの健康にお役に立つことができると思います。