当医院の治療の進め方について①

投稿日:2017年5月16日

カテゴリ:スタッフブログ

今日は当院の治療の進め方についてお話ししたいと思います。

歯科医院を来院する目的としましては、定期検診してもらいたい、詰め物が取れた、歯を入れたい、歯が痛い、歯ぐきが痛い、あごが痛いなどが考えられます。この時に一番考えないといけないのは痛みを軽減することです。これについては今お飲みのお薬や通院されている病院の情報がすごく関係しますのでお薬手帳などを持ってきていただくとすごく助かります。次からが別れるのですが治療するお時間がない、今あまり自由が利かないので来院が難しい場合にはそこの主訴だけの治療を行います。ですがこの際しっかりと治したい、全体的に診てもらいたいという希望の患者さんには全体的な検査をお勧めしています。この検査は4つの項目があります。1)歯周組織検査2)パノラマ写真検査3)口腔内写真検査4)スタディーモデル検査です。(もちろん妊婦さんはレントゲン検査は行いませんし、歯型を取らない場合もありますどうしてこのような検査を行うのかといいますと、歯が欠けたり詰め物が外れたりするときには必ずその理由があります。たまたまセメント劣化で外れただけならいいのですが口腔機能の何らかの変化がある場合があります。それを診断するためにこの様な検査が必要と考えています。そこだけの破壊変化だけならいいのですが何かの大きな変化の前兆だったらと大きな破壊が起こる予防になるはずです。いろいろ削ったりされたくない方はこのような検査をお勧めしています。治療のご相談は鹿児島 ながやまデンタルクリニックまで。