知っていますか?歯磨きだけで虫歯は防げないことを

投稿日:2017年8月29日

カテゴリ:スタッフブログ

ほとんどの人にとって、歯磨きというのは毎日の習慣になっていると思われますが、虫歯に悩まされるは後を絶ちません。ちゃんと歯磨きしているのに、なぜ虫歯ができるのか?あなたも不思議に感じているかもしれません。

実は虫歯というのは『ただ歯磨きをしていれば防げる』というような、単純なものではないのです‼

 

※虫歯予防には生活習慣を見直すことも大事

虫歯というと『歯磨きをしていないとできる』とか『甘いものばかり食べているとできる』というようなイメージを持っている方も多いかもしれません。でも実はそうとも言い切れない部分が多くあります。実際に、歯磨きをしていないのに虫歯にならない人もいますし、甘い物が大好きで毎日食べていても虫歯ゼロの人もいます。

このような人たちは歯が特別強いのだろう、と思われるかもしれませんが、実はこれには生活習慣が大きく関わっている場合が多いのです。虫歯は生活習慣病の側面が強いため、虫歯を本当に予防したければ、歯磨きだけでなく、普段の生活を見直してみる必要があると言っていいでしょう。

 ※虫歯にかかりにくくするには

虫歯にかかりにくくするには、まずは口の中に糖を残さないように間食を極力減らすということが大事です。甘いものを食べても、ダラダラと食べずに短時間にとどめる、寝る前には食べない、というようなことを守っていれば、虫歯になることはほとんどありません。

また、唾液をよく出すよう心がけることも大切です。ストレスを溜め込まないこと、鼻で呼吸することを意識し、普段からよく喋り、よく噛んで唾液腺を刺激しましょう。

そして、歯ブラシだけで磨いている人はぜひ歯間ブラシ、デンタルフロスも普段の歯磨きにプラスすると、汚れ除去率2~3割アップするのでおススメです!しかし、それでもセルフケアには限界があります。定期的に歯科医院で、お口の状態のチェックやクリーニングを行うこと、虫歯予防についてプロからアドバイスを受けることをお勧めします。

虫歯についてのご相談、治療はぜひ鹿児島市ながやまデンタルクリニックまでどうぞ

 

       歯科衛生士  北野