懇話会定例会感想

投稿日:2019年2月12日

カテゴリ:スタッフブログ

毎月開かれる鹿児島臨床歯学懇話会定例会に出席してきました。今回は齲蝕治療のガイドラインについて解説と、かかりつけ歯科医としての口腔粘膜疾患への対応と、含歯性嚢胞についてでした。むし歯の治療について、様々なケースでの判断の仕方やエビデンスレベルの強いもの、弱いものがあることを学びました。レントゲン、ダイアグノデント、透照診、カリエスチェッカーなどの方法があり、切削するかどうか総合的に判断する必要があります。また、口腔粘膜疾患や難抜歯など、総合病院へ紹介となる場合、その疾患の特徴や鑑別診断をおさえておかなければならないことを学びました。口腔粘膜疾患の中には悪性のものもあったり、レントゲン上同じ嚢胞様透過像にみえても疾患によって性質は異なり、悪性化傾向のあるものもあります。患者様にとって不利益とならないよう知識の整理を日々行っていく必要性を感じました。

 

 

ながやまデンタルクリニック Dr.山下