クラウンシステマテックレビューを受講して

投稿日:2019年8月5日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。土曜日は診療をお休みさせていただいて名古屋に来ています。

目的は3年の最終回となりましたクラウンシステマテックレビューを受講するためです。

今回が一応の最後となるということなので楽しみにしていました。

まずクラウンなどの補綴装置の大前提として、

物性劣化で口腔内でどのような影響を与えるか??

体に医原性の影響を与えないかどうか?

この2点は絶対に抑えておいていけないということから、

材料学的な物性のお話から始まりました。

現状の臨床で使用する材質の特徴を一つずつ確認してその弱点について講義がありました。

そして当たり前のことですが補綴装置は人工物なので絶対に物性劣化があるということを,

私たち歯科医院も理解しそして患者さんにも説明し理解していただくことが,

大切ということがわかりました。

私たちの歯科医院でも歯の治療を通して、口腔内の機能が回復、快復し、

結果,患者さんの健康に寄与することができるように補綴装置、設計の説明は丁寧に行います。またご相談ください。

その2に続く

 

鹿児島で歯科をお探しの方は、ながやまデンタルクリニックへぜひお気軽にご相談ください。

 

永山