令和元年 Shurenkai総会に行ってきました VOL①

投稿日:2019年11月5日

カテゴリ:スタッフブログ

11月3日にいつも勉強をしに行っているShurenkaiの総会に名古屋まで行ってきました。ちょうど一年前に総会で発表したのですが、月日が経つのは早いものです。今回の総会は2部仕立てで、1部は日本歯科補綴学会の発表症例について、2部は歯科医院における院内感染対策に対する取り組みについてでした。

1部には3つの症例発表がありそれぞれの医院における歯科医師としての取り組み、歯科衛生士としての取り組み、歯科技工士としての取り組みについて熱く講演していただきました。守備範囲が違うものたちが自分の領域をしっかりしていくことで患者さんの訴えが解消されていくという見事なチームアプローチでした。

その中で一つ再確認したこと。それは、補綴装置は検査装置である!ということでした。咬み合わせが安定していなくてどこで咬んでいいかわからない方の咬合採得は私たちにとって大変難しいものです。それを、治療用義歯を用いて咀嚼習慣から改善し、そして次に噛めるようにしていく・・・

やはり治療には明確な目標が必要だということも再確認しかたでした。

 

鹿児島で歯科をお探しの方は、ぜひながやまデンタルクリニックまでお気軽にご相談ください。

永山