口呼吸と鼻呼吸。

投稿日:2019年11月22日

カテゴリ:スタッフブログ

口呼吸と鼻呼吸。

日ごろ無意識に口が開いていたり

朝起きた時に口の中が乾燥してるひとは

口呼吸の可能性が高い。

口呼吸だと口の中に細菌が入り虫歯や歯周病にもなりやすくなり

鼻呼吸の人と比べても細菌の数は多く咳が毎日出たり、風邪をひきやすかったり、

寝ても疲れが取れなかったり。。。

そしてこれからの季節インフルエンザや感染症を引き起こす可能性も。

鼻には鼻毛やせん毛があり外の細菌の侵入を阻止してくれたり

そして加湿の役割もしてくれるので喉を守ってくれて予防になるかもしれません。

口呼吸が癖づいてる人は鼻呼吸に変えるトレーニングがあります。

 

腹式呼吸法です。

胸を動かさず

お腹を膨らませる

鼻で息を吸う

お腹を凹ませながら口から息を吐く。

タイミングを決めて習慣づける。

 

健康を守るために食事の後、寝る前など自分でタイミングを

決めて実践してみてはいかかでしょうか?(・v・)

 

冬だけではなく一年を通して健康な状態を保ち少しでも

健康寿命が長くなればいいな。と願ってます。