医療現場の滅菌について講義を受けてきました その①

投稿日:2019年12月17日

カテゴリ:スタッフブログ

先日、医療現場の滅菌について講義を受けてきました。

2大歯科疾患であるむし歯、歯周病は感染性の疾患でありそれを扱う現場としては

いろいろと興味があり、また、わからないところがあったので土曜日の診療をお休みして行ってきました。

まず、概論からお話がありましたが、あやふやなところが明確になりました。

滅菌、消毒、洗浄のそれぞれの定義の説明があり、医療現場のいろいろなシーンに照らし合わせてシュミレートしました。

歯科の場合治療の中でいろいろな処置がありますが、そのほとんどが観血的な外科処置といってもいいと思っています。

また、一方で再使用滅菌器具が多いこともまた事実です。

もちろん滅菌できないものはすべてディスポ―ザブルを使用していますが、滅菌、消毒、洗浄の基礎知識がないと、いたずらに器具を痛めてしまうことがあるようです。

ここの部分はまた院内のミーティングでよく練って周知徹底したいと思います。

 そしてもう一つは滅菌の効果がしっかりあるかの確認についてです。

これについては次回お話ししたいと思います。

 

鹿児島で歯科をお探しの方は、ぜひ、ながやまデンタルクリニックまでご相談ください。

永山

■ 他の記事を読む■