0歳からの虫歯予防について

投稿日:2017年6月12日

カテゴリ:スタッフブログ

赤ちゃんが産道を通るときから細菌の伝播が始まるため、生まれたての赤ちゃんの口の中からはすでに細菌が見つかります。

口の中にはどれくらいの種類の菌がいるかご存じですか?

600種を越える常在菌がいると言われています。

スプーンや箸の共有、直箸など一緒に生活する家族が感染源となりやすく、親子そして兄弟姉妹の常在菌叢は深い関係を持っています。

虫歯を起こすミュータンス菌とソブリナス菌は早い子供で生後3ヶ月から見つかります。

さらに乳歯が生える前の子供で30%

生後24ヶ月の歯の生えた子供ではなんと80%から見つかっています!

とくにミュータンス菌が家族から赤ちゃんに感染しやすい時期を『感染の窓』と呼んでいます。

赤ちゃんはじめお子様のお口の中についての疑問、相談は鹿児島市の歯科医院ながやまデンタルクリニック

までどうぞ!!

次回はこの『感染の窓』について詳しくお話ししていきます!

 

 

参考文献:0歳からの口腔育成

歯科衛生士 北野