ママになる前の定期的なクリーニング

投稿日:2017年10月28日

カテゴリ:スタッフブログ

生まれてきた赤ちゃんが虫歯になるのは、主にお口の中に虫歯菌(ミュータンス菌など)が感染するからです。なかでも、歯が生えると虫歯菌に感染しやすくなります。

虫歯菌はツルツルした硬い物質()の表面で増殖するからです。

その結果、歯の表面にいわゆる歯垢(プラーク)が付くようになります。

虫歯菌感染の原因になるのは家族、とくにお母さんです。

お子さんの虫歯のリスクを考えるとき、お母さんのお口の状態がとても重要になります。

お母さんになる前から自分の歯の状態を知り、虫歯や歯周病があればきちんと治療して、定期的にクリーニングを受けておくことがとても大切です。これはお母さん以外の家族にも当てはまります。

お母さんが定期的にメンテナンスを受けていると、お子さんの虫歯になるリスクがそうでない場合の半分になると言われています!

 

痛みのある虫歯は、出産という大事業の支障になりかねません。

もしも、虫歯が進行するようなことがあれば、血中に細菌が侵入し、胎児に悪影響が及ぶこともあります。

 

また、妊娠すると、酸っぱいものが欲しくなるなど、嗜好や味覚が変化しますが、これはホルモンのバランスや唾液の量が変化するためです。そして、この同じ理由で、歯ぐきに炎症を起こしやすくなります。

妊娠中の女性の歯肉の溝からは、エストロゲン(女性ホルモン)を好む特有の細菌が見つかります。その細菌が妊娠性歯肉炎といわれる歯肉の腫れの原因になります。妊娠女性の約4割は『歯肉からの出血、歯肉の腫れ』を自覚しているといわれます。

もちろん、お口の中をキレイにしておけば、この歯肉炎は防ぐことができます!

 

このように、ママになる前の定期的な歯科受診はママのためだけではなく赤ちゃんのためにも繋がってきます!

虫歯予防は赤ちゃんが産まれる前から始まっているのです☆

 

妊娠中の方や妊娠を希望されている方で、鹿児島市で歯科をお探しの方は、ぜひ、ながやまデンタルクリニックまでどうぞ

                             参考文献:0歳からの口腔育成

                             歯科衛生士 北野