歯茎が下がる?その原因と対策を探る!

投稿日:2018年4月14日

カテゴリ:スタッフブログ

鏡を見て歯が長くなったような気がしたり、冷たいもので歯がしみるようになったり、というような経験はありませんか?もしそのような経験があるなら歯茎が下がってきていることが原因かもしれません。歯茎が下がると、色々と不都合なことが起こってきますが、一度下がってしまった歯茎は残念ながら、自然に元に戻ることはありません。

今回は、歯茎が下がるとどんな困ったことが起こるのか?歯茎が下がる原因とはどんなものなのか?今後、歯茎が下がらないようにするためにはどうすればよいのか?ということについて見ていきましょう!

歯茎が下がると困ったことが起こる!

歯茎が下がると次のような困ったことが起こります。

①知覚過敏が起こる

歯茎が下がって起こる不快な症状として《冷たいものでしみる》という知覚過敏が挙げられます。多くの場合は冷たいものでしみますが、なかには熱いものでしみることもあります。知覚過敏はただ、歯の感覚が過敏になっているだけで、虫歯ではありません。ですが、食事やうがいなどでたびたびしみてしまい、しかもその症状がなかなか治らないために苦しんでいる人も多く、とても厄介であるといえます。

②虫歯のリスクが高まる

歯茎が下がると、それまで歯茎に隠れていた歯根が露出します。歯根の表面には、もともと歯茎から出ている歯の頭の部分(歯冠)とは違って、エナメル質という硬い層がありません。エナメル質は虫歯や刺激から歯を守ってくれる重要な働きをしていますが、その層がないと虫歯にとてもかかりやすくなってしまいます。

③食べかすが詰まりやすくなる

歯茎が下がると、歯と歯の間の下の部分が空いてくるため、その部分に食べかすが溜まったり詰まったりしやすくなります。そのため、食事後に田めかすが挟まっているのが端から見えて見た目に影響が出たり、挟まっている部分から虫歯や歯周病が進行しやすくなったりするので注意が必要です。

④見た目が老けて見えてしまう

歯茎が下がると歯が長く見え、しかも、歯と歯の間の三角形の隙間が大きくなって、見た目に老けた印象を与えてしまいます。

次回は歯茎が下がってしまう原因について詳しくお話していきます!

鹿児島市で歯科をお探しの方はぜひ、ながやまデンタルクリニックまでどうぞ☆

 

歯科衛生士 北野