噛む力を読んで

投稿日:2019年4月10日

カテゴリ:スタッフブログ

子供の矯正をよく耳にしますが、矯正する事でその人がもつ固有の噛む遺伝情報を変えてしまう事を考えたら、安易に矯正するべきではないのかなと思いました。

 

今まで意識して食事する事はありませんでした。

食塊形成が味を感じる事に大きな役割を果たしているとだと知り、これからは姿勢を正し自由咀嚼を意識しながら食事してみようと思いました。

 

よく患者様から『まだ治療は終わらないの?』と受付でも質問があります。

そんな時は、患者様の状況やお口の中の環境に応じて最適な治療方法を選んで、噛む力を回復させる為に時間が必要なのだと説明していき、ご理解して頂ければなと思いました。

 

今ながやまデンタルクリニックでは保険外診療が行われております。

保険診療(国の定めたルールに従っての治療)ではなく、保険外診療が患者様の状態に最も合ったベストな治療をする事が可能になるのだなと、保険外診療の重要性をしっかり認識する事ができました。

 

補綴治療のメリット、デメリットを患者様によく理解して頂き、患者様の状況や口の中の環境に応じて、補綴物を選択する事の大切さを改めて認識しました。

 

健康長寿の為には、

普段の生活習慣に気をつける

検診をする。

お口の中の細菌を増やさない

正しい知識で健康長寿を目指していきたいです。

大田 真実

次は池ノ上さんお願いします。

■ 他の記事を読む■