新型コロナウイルス対策と緊急事態宣言下の診療について

口腔ケアの実際③

投稿日:2020年6月11日

カテゴリ:スタッフブログ

 

こんにちは。ながやまデンタルクリニック日記投稿斑です。

今日も昨日の続きでSNSでも話題になっている口腔ケアについてお話したいと思います。

感染について上皮というバリアがあることについてお話をしました。ところがギリシア神話のアキレスではないのですが機能上上皮で覆われていないところが数か所あります。それが頭部でいえば、目、鼻、口などになります。ですからこの部分がドラゴンボールのスカウターでみたところ感染防御の数値が低いということになります。ただ体もさるもので目にはまぶたを、鼻には鼻毛をというように防御シールドを備え持っています。それで口はというと口唇というものはありますが、呼吸や食事の際に開口して吸気したり、食事で異物を体の中に入れたりすることが頻繁にありますから、それだけでは足りない!ということでもう一つ唾液というもので感染防御をするようにしています。今回のコロナ感染の話で手をよく洗ってというのは、手が目を触ったり口の中に触れたりする機会が多いのでそこからの感染を防ぎましょうという意味合いだったのは記憶に新しいところですね。

まだチョットだけ続きます。

 

鹿児島市で歯科をお探しの方は、ぜひ、ながやまデンタルクリニックまでどうぞ

■ 他の記事を読む■